• Facebook
  • Twitter
  • YouTube
  • Pinterest
  • Tumblr Social Icon
  • Instagram

© 2020 dreaminpocket K.K. All rights reserved.

電子駆血帯マサキカフ®︎        お求めは医療機器専門代理店またはAmazon

駆血は何世紀にもわたってゴムやベルトで行われてきました

駆血が適切に行われないために痛みや内出血を引き起こすなど患者様への不要な負担を増加させることがありました

また血管怒張が不十分のまま、穿刺すると血管が逃げたり針の先端が血管外に逸脱してしまうことがあるので、目標とする血管を可能な限り怒張させておく事は穿刺を成功させる上で重要となります

「マサキカフ」はエビデンスに基づく一般的指標とされる最適駆血圧まで自動で加圧し、その圧を保持する電子制御の駆血帯です

経験値に頼る必要がないので採血業務を標準化できる、易しいが優しい新時代の駆血帯です

マサキカフ本体とリモートスイッチ

電子駆血帯マサキカフは平成30年度の東京都新製品・新技術開発助成事業に採択された製品です

特許第5869327号(日本)

特許第9,662,121号(米国)

特許第279355号(EU)

特許出願中(中国)

意匠登録第1628146/7(日本)

意匠登録第5105452(中国)

意匠登録第5277554(中国)

スタンダードバージョン モデル168A-S

マサキカフに「くまモン」のキャラクターをUV印刷した「マサキカフくまモンバージョン((C)2010 熊本県くまモン#K31504)」を製品ラインナップに追加しました。小児の患者さんが多い病院にぴったりです。価格及び性能はスタンダードバージョンと変わりません

くまモンバージョン  モデル168A-K

電子駆血帯マサキカフの紹介動画

電子駆血帯の使用方法

感染防止対策用「マサキカフ専用ディスポーザブルカバー」です

本製品は、厚さ15μのポリエステル製の円筒状のカバーでマサキカフ装着前に腕に本カバーを通すことで、腕とマサキカフの直接接触を回避し、さらにカフ装着後に本体を覆う様にカバーを裏返すことによって、血液飛沫などから本体も保護されます

カバーにはミシン目が入っていますので、留置針がある場合でもカバーの取り外しができます

カバーは化粧箱に300枚収納されており、ティッシュペーパーの様に1枚ずつ取出して使う仕様になっています。

 マサキカフ専用感染防止カバー 300枚入り

JANコード:4582562440037  定価3,980円 (税抜・送料込)

​カバーの使い方

​電子駆血帯マサキカフ仕様

販売名称:マサキカフ168A-S (スタンダード)   マサキカフ168A-K (くまモンバージョン)

一般的名称:電子駆血帯

JMDNコード:71063001

JANコード:4580047120092 (スタンダード)     4580047120108 (くまモンバージョン)

医療機器届出番号:11B1X10022000004

使用目的又は効果:一般医療機器 機械器具(56) 採血又は輸血用器具

構造及び原理:穿刺のために上腕又は下腿を加圧して静脈を怒張させる事に用いる

本体重量:約150g (公差:±15%)

外形寸法(本体):79.5(W) x 41(H) x 60(D) mm ※カフ部を除く

外形寸法(リモートスイッチ):56(D) x 22(H) mm  ケーブル長:800mm (公差:±15%)

定格電圧:3V 単4アルカリ電池2個

電撃に対する保護の形式:内部電源機器

電撃に対する保護の程度:B形装着部

消費電流:0.355A

測定方式:オシロメトリック法

圧力:最大200mmHg ±10% ※圧力ゲージにより測定

対象腕周:17〜38cm

付属品:試用電池2本、収納ケース、取扱説明書(品質保証書付)、医療機器添付文書