• Facebook - Black Circle
  • Twitter - Black Circle
  • Google+ - Black Circle

© 2019 dreaminpocket K.K. All rights reserved.

日本発、世界初!採血者に朗報

 

電子駆血帯の開発でクラウドファンディングに挑戦中!

電子駆血帯の特許を日・米・欧で取得 (2018年8月1日配信)

先端医療機器を企画、開発及び販売する株式会社ドリームインポケット(東京都江東区青海2-7-4、代表取締役社長:川崎信也)では、採血の際に用いられる駆血帯を従来のゴムバンドから、血管壁の拍動をチェックしながら最適な駆血圧まで加圧し保持する「電子駆血帯」の開発に成功し、今秋の製品化を目指しクラウドファンディングに挑戦を開始しました。

https://readyfor.jp/projects/et2018

採血は頻繁に行われる医療行為であるにもかかわらず、駆血帯は何世紀にも渡って現在に至るま

でゴムバンドやベルト式のままで、いまだに進歩していません。看護協会発行の採血マニュアル

でも「駆血帯の締め方は強すぎず、弱すぎず」というあいまいな表現であり、駆血が適切に行わ

れないために痛みや内出血を引き起こしたりなど、患者様への不要な負担を増加させることがあ

ります。

医療従事者の経験値に頼る必要なくボタン一つで最適な駆血圧が得られるため、経験の少ない看

護師さんでも血管をしっかり浮き立たせたり、在宅医療で点滴をとったりする際にリモートスイ

ッチで緩められたりと便利な機能を備えています。今回の開発は医療従事者のみならず、患者様

にとっても朗報であると自負しております。

この製品の登場によって駆血帯は電子化を迎え、経験値に頼る必要のない電子駆血帯が世界中の

全ての医療従事者のポケットに入っている時代が来ることを確信しています。

性能や開発の経緯や背景、開発者の取材などぜひともご検討いただけましたら幸いです。ご自身

での体験取材も可能です。

■株式会社ドリームインポケットとは

株式会社ドリームインポケット(https://www.dreaminpocket.com)は、「日本から世界中の人々

に安全と安心を届ける」をミッションに日本発の先端医療機器の企画・開発・販売と将来の IoT

を見据えた情報システム事業を展開しております。

主なサービス

• 電子駆血帯の企画・開発・販売

• 医療関係者専用モバイル SFA システム ポケットセールス

• 医療機関向けコンサルティングサービス

• 職業安定法に基づく有料職業紹介事業

代表取締役 川崎信也(インヴェンティヴヘルス社長、セジデム・デンドライト社長等歴任

取締役 眞崎信行(医師、電子駆血帯の考案者)

社外取締役 宮田俊男(医師)